スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr.パルナサスの鏡&プリンセスと魔法のキス

私の誕生日は平日だったので、繰り伸ばしで日曜日にパーティーしてもらいました。
DVDをいっぱい借りてお寿司とピッツァを出前。何もしなくて良いという最高の贅沢をさせてもらいました^^

4本借りた映画の中でとても気に入った2本に出会えました。

Dr.パルナサスと魔法の鏡、そして、プリンセスと魔法のキスです。

Dr.パルナサスと魔法の鏡は、宣伝を観てからずっと期待していましたが、
期待以上に奇妙な魅力に満ちた映画でした。
あんなにも、シュールで感覚的な世界を堂々と大作映画にしてしまうなんて、凄い。
この監督の他の映画は観たことないのですが、ぜひ観たくなりました。
バレンティナ役の女優さんがまたキュートで色っぽくて退廃的で、不思議な世界に上手に咲いていました。
イギリスの映画って、とてもクレイジーで奥深い。
文学にしても、音楽にしてもクレイジーなものが多いですよね。
真面目で古臭いイメージと、究極のクレイジーが同居しているって、感じで惹かれます。

プリンセスと魔法のキスもよかった~。
さすが、ディズニー。うならされました。
画面のすべてが、そのままポストカードにできそうなほど
デザインが行き届いていて、
人物もみんな生き生きしていました。
舞台がニューオリンズというところも、粋でよかった。
古典的なアニメの香りとぴったりでした。

うちのワンコは
「やっと、黒人のプリンセスが主役の映画が見られた。
ずっと、ないな~と思っててん。かわいかった♪」
と喜んでいました。
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

tomoje

Author:tomoje
京都生まれの京都育ち。素直でやさしそうに見えますが、本当はちょっぴりヘンコで、意地っ張りのおとめ座、辰年。
スロヴェニア人の哲学系クマさんみたいな夫と、日本で唯一のスロヴェニア料理店を営んでいます。芸術系ワンコみたいな娘と、理系ニャンコみたいな息子がいます。
そういう私は、おとぼけ系テンジクネズミかな。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。