スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと、ずっと

夜更けにコンビニに行くと言ったら
ついて行ってあげるわ
と、ニャンコが一緒に来てくれた。

夜のおばさんの独り歩きが危なかろうと、
なかなか頼もしくなったもんだ。

レジで店員さんと言葉を交わしたりしていると、
ウロウロしていたニャンコがいつの間にかそばに来て
私より頭一つも大きくなった体で
ぬっと後ろに立っている。
まるで、用心棒みたいだね。

ついこの前までは
私の後ろに隠れて、
洋服の裾をギュッとつかんでしがみついていたのに・・・
なんて
懐かしく思い出しながら、はっとした。

もしかすると、
君はあの頃からずっと
私を守っていてくれたのかもしれないね。
まだ体も小さくて
あまりにも恥ずかしがり屋だったので
私の影に隠れているようにしか見えなかったけれど。

あの頃も、
立派な少年になった今も、
そして、いつかお腹の出たおじさんになっても、
ずっと同じ気持ちで私を守ってくれるのかな。

なんて
我ながら親バカにもほどがあるか?

でもね、
男にとって母親はいつまでたっても特別な存在だって、クマさんも言ってたし。

母親にとっても
いつまでも息子は、息子なんだろうな。

いくら世話がかかっても、
何をやらかしても可愛くて、
ついついと世話を焼いてしまうんだろうな。
いくら君が頼もしい男性になっても、
いつまでも坊やに見えたりするんだろうな。
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

tomoje

Author:tomoje
京都生まれの京都育ち。素直でやさしそうに見えますが、本当はちょっぴりヘンコで、意地っ張りのおとめ座、辰年。
スロヴェニア人の哲学系クマさんみたいな夫と、日本で唯一のスロヴェニア料理店を営んでいます。芸術系ワンコみたいな娘と、理系ニャンコみたいな息子がいます。
そういう私は、おとぼけ系テンジクネズミかな。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。