スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルジャーノンに花束を

2012.06.25 15:47|つれづれ
20代で、友達にすすめられて読みました。
大人になってから、もっとも号泣した本でした。

この前、中学生のニャンコが
何か、読む本ない?
て、言ったので、本棚を見たらこれがあり、貸してあげました。
熱心に読んでいるので、うんうん、と思って見ていました。

読み終わったと言うので、
どうやった?感動したやろ?
と聞くと、
面白かったけど、感動したっていうか・・・別に
て言われました。
感動じゃないのかな、泣いた?
ううん、ぜんぜん。

え~?そうなん?

ちょっとショックでした。
そう言えば、数年前、中学生だったワンコに貸した時も
ようわからんかった。
と言われました。

そうか・・・
と思って、チラチラ読み返すと
夢中になって読んでしまいそうになりました。
やっぱり、すごい本やん!

もう1回読んでみよかな。
たぶん、もう1回泣くやろうな。
思い出しただけでも、ぐっと来るもん。
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

tomoje

Author:tomoje
京都生まれの京都育ち。素直でやさしそうに見えますが、本当はちょっぴりヘンコで、意地っ張りのおとめ座、辰年。
スロヴェニア人の哲学系クマさんみたいな夫と、日本で唯一のスロヴェニア料理店を営んでいます。芸術系ワンコみたいな娘と、理系ニャンコみたいな息子がいます。
そういう私は、おとぼけ系テンジクネズミかな。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。